玉置神社へ・・・

ゴールデンウィークの小旅行。

昨年は行けなかったから、久々のお泊りとなりました。

今回の行き先は、奈良・和歌山・三重方面・・・
メインの目的は、玉置神社を訪れることでしたo(^▽^)o


奈良にはしょっちゅう出かけるので、神社は結構色々調べていました。
玉置神社の存在は知っていて、もちろんその名前に反応していたのですが・・・
あまりに遠くて、なかなか行けそうにないのでスルーしていました。

ところが、故郷楽団ツアーの時に、玉置さんがご自身のルーツが十津川にあることを告白され、
まさかのまさか・・・!!
あの玉置神社がその原点だと知ってからは、これはどうにかして行かなくては!!と、旦那に同行を懇願していたのでした。

だって、私運転できないんだもん・・・。

なかなか首を縦に振らなかった旦那が、今回珍しく自分から、
「玉置神社・・・行く?」
なんて言うもんだから、二つ返事でOKしましたとも~~ヽ(≧∀≦)ノ


出発は5月3日。
行きたそうに見つめるので、この子も連れて行きました。

車中チェリー


十津川村のホームページによりますと、
昔、十津川で水害があり、村民が北海道へ移住したことがあるのだとか。
その際、移住した人たちで作った村落が新十津川町なんだって。
北海道に十津川の名がつく町があるなんて、知りませんでした。旭川の近くですね。
なんか嬉しい。


ここからは、写真の連打です。
スマホで撮っているので、あまり画像は良くないですが・・・
雰囲気だけでも味わっていただければと思います。

十津川の辺りの風景、元々好きなんですよね。
とても癒されます。

まずは、玉置神社。

駐車場からの景色は、曇っていることもあって、雲海のようです。

玉置神社駐車場1


そして鳥居が姿を現します。

玉置神社入り口

正規のルートは、この鳥居をくぐって参道を歩きます。
そこからが、ちょっとした山登りの始まり・・・。

私たちは、入り口でおじさんに聞いた逆ルートで参りました。
そっちの方が楽だと聞いたので。
でも、多分正規ルートで行った方が、感動が大きいんだと思います。
これから行かれる方は、体力に自信あるなら、是非とも正規ルートで!


さてさて・・
神社内には、あらゆるところに「玉置」の文字が見られ、テンションが上がります(*≧∪≦)

玉置神社のぼり


大きな杉がいくつもあり・・・

玉置神社杉


本殿は、厳かな佇まい。
決して華美ではありませんが、この寂びれた感じが私好みです。

玉置神社本殿


私たちは反対からでしたが、本来はこの本殿を拝んだ後に、玉置山山頂へと続く道が待っています。

山頂です\(^o^)/

玉置神社山頂

ここで、玉置さんがギター弾いて歌う姿を妄想。
玉置さんのフェイクやシャウトがこだまする~♫
聴いてみたい~~(´ω`人)

お守りを購入し、ご利益いっぱいありそうな予感・・・
チェリーも満足げです。

玉置神社入り口チェリー


帰りは、駐車場の山桜と山々の風景とのコラボが素敵に見えました。

玉置神社駐車場2


この日は、観光はこれで終わり。
旦那の付き合いで製材所へ寄り、そのまま宿へ。



翌朝、宿の近くの森へ散策に行きました。

大丹倉の森

何でもない風景ですが、何だか気に入りました。
苔がいっぱいで、その鮮やかな緑色が美しく、空気が澄んでいます。
いつもは、旅先では水が変わるからかお肌の調子が悪くなるのですが・・・
十津川の水が肌にあったのか、この日は朝からお肌が白くてツルツルでした。
これも玉置さん効果??


2日目に訪れた場所。

瀞峡。
人が多かったので、瀞ホテルのカフェと川下りは、またの機会にしました。

瀞峡


丸山千枚田。
棚田好きの私にはたまらない場所ですが、田植え前なのがちょっと残念。

丸山千枚田



その他、車中から見える山と川に囲まれる景色は、日頃の疲れた心身を見事に癒してくれました。



カフェでご満悦のチェリー。

キリダスチェリー

また行こうねー(^-^)/














ビルボードライブ大阪参戦 ~雑記編~

ビルボードライブ大阪2日目。

ビルボ足元

コーデの詳細は、この一つ前の記事をご覧下さい。



前回予告したように、レポートはできません

ですから、自身の記録として憶えていることだけ記します(´ω`人)
ただの妄想録になるかもなので・・・
詳細かつ正確なレポートをお望みの方には、大変申し訳ございません(*ノェノ)


ビルボパネル

ファースト・セカンドとも、サービスエリアの良番が取れました。


願わくば、前から2列目センターのテーブルと、最前列右端のテーブルをゲットしたい!!
でも、こればかりは行ってみないとわかりません。


しかし・・・!!!
なんという奇跡!!!

ファーストは最前列右端、
セカンドは2列目センターに座ることができました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

この良席のお陰で、この日の私には、故郷楽団奈良公演以来の天使が舞い降り、
セカンドでは玉置さんと目が合うたびに、普段絶対に浮かべることのない最高の笑顔で見つめ返すことができたのでした


詳しいセットリストは書きませんが、
バラード中心の前回とは全く異なり、今回はノリノリの曲中心。
しかも、え??それ来る??みたいなレア曲が結構ありましたヽ(≧∀≦)ノ

Jazzyな「ファミリー」から始まるステージは、ビルボードっぽく大人の雰囲気たっぷり。

そして、次からノリのいい曲が続きます。

意外だったのが、「金持ちさんちの貧乏人」  ←これ、ビルボで歌う??(笑)
そして、「Check On Myself」  ←前日たまたま聴いたけど、これはないな・・・と思っていた(汗)

でも、この2曲のノリがライブにピッタリで、自分自身のボルテージが一気に上がった気がします。

そんなタイミングで来たのが、私にとっては今回の最大のみどころだったあの曲・・・!!
これを生で聴くことは一生ないと思っていたのに(大袈裟?)、
こんなに早く、しかもこんなに近くで聴けるなんて

「最高でしょ?」

いやあ・・・
こんなの、センターの席でじっと見つめるように歌われたら・・・
もうダメです・・・(〃ノωノ)

自分がどんな顔して見てたのか、想像するだけで引く・・・

川村ケンさんがブログに書いておられた、お客さんのうっとり顔ってのが、
なんかわかった気がしました。


昭和歌謡のようで少々苦手だった「愛してんじゃない」も、生で聴くと凄い迫力で、
情感たっぷりに「愛してんじゃない~~!!」と叫ぶように歌う玉置さんが、何だかとてもせつなくて・・・
心臓に響くような、印象的な一曲でした。

生で聴くと印象が変わる曲ってありますよね。


「瞳を閉じて」をしっとりと歌って、一旦ステージを後にする玉置さん・・・。
ファーストでは、ステージに続く階段の真横に座っていた私たち、出入りする玉置さんを間近で見ることができるのですが、入場の際のちょっとしたハプニングで、しっかりとガードが・・・
その時のノリによっては、ハイタッチや握手が期待できるかと少々わくわくしていたのですが・・・
この日は難しかったようです(´・_・`)

でも、この時、最前列のお客さんが、玉置さんに何か渡されたのです。
玉置さんがそれを受取るのを見た瞬間、今だ・・・!!と思いました。

うちから連れてきたこの子。

ビルボお花

何となくですが、AMOURの時の白いお衣装の玉置さんをイメージし、30周年のお祝いの気持ちを込めて、リボンとタッセルをつけてアレンジした造花のバラの花です。

フラワーデザインを始めてから、好きなアーティストにその人をイメージしたお花をプレゼントするのが夢でした。
今回は、アレンジといっても一輪なのですが、それでも自分が作ったお花を玉置さんに手渡しすることができるなら、そんな素敵なことはない・・・!!そう思い、ダメもとで持参しました(造花にしたのは、渡せなかった時に落ち込まないため・・・笑)。


今なら受け取って下さるかも・・・

そう思い、ステージを去る玉置さんに、思い切って差し出しました。

緊張していたので、ほぼ記憶がありません。
本来なら、通り過ぎる瞬間に「玉置さん!」と声をかけて、こちらを向いた玉置さんに花を差し出すはずでした。
でも、そんな余裕はなく、差し出すのが精一杯で・・・

なのに・・・
玉置さん、すっと受け取って、頭をぺこっと下げて去って行かれたんです。

こっちを見てくれなくて少し落ち込んだけど、去っていく背中を見ながら、ふと右手に目をやると、しっかりと握っていて下さったのが確認できて・・・

ぶら下がっているタッセルが動くの見て・・・ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このタッセル、私の帯飾りとお揃いなんです~(〃ノωノ)

ビルボ着用2


あーー!!どうしましょーー(/∀\*)




す、すみません・・・。



後半は、例のノリノリセクシーメドレー。
ファーストでは、左側後列の盛り上げ隊に、熱ーい視線を何度も送っておられました。
前列でズギューンされた方も・・・

私もされてみたい~~!!!

玉置さん、前であろうと後ろであろうと、盛り上げてくれるお客さんの方を必ず見られますよね。
だから、後列だって楽しめるのですヽ(≧∀≦)ノ

セカンドでは、もちろんこちらにも視線が来ましたよ!!
きっと私の眼は、になっていたのでしょうね


続く「太陽さん」。
故郷楽団で見せたパーカッションのパフォーマンス付きでした。
悲痛な表情で激しく敲く姿が、ファーストの時にはしっかりと見えました。
何を思って敲いているのか・・・
あの表情がたまらないです。

セカンドでは、ファーストで目に焼き付けたあの表情を思い出しながら聴き入るうちに、何故か涙がこぼれて・・・。

ラストの「田園」では、みんな立ち上がって盛り上がりました。
一緒に口ずさんでいたら、玉置さんと目が合って、嬉しそうに笑って下さった気がしました。

アンコールの「JUNK LAND」でも、続けてサビの部分を一緒に歌いました。

最高の気分・・・ヽ(≧∀≦)ノ♪


セカンドで期待したサプライズは特にありませんでしたが、
至近距離で聴いたアカペラの「メロディー」は、心にグッときました。

また思い出しちゃった・・・あの日のこと。


あっという間の時間でした。
でも、ほんとにほんとに行ってよかった。

素晴らしすぎる!!!



玉置さん、そして演奏して下さった皆さん・・・
素敵なステージをありがとうございました

ビルボードライブ大阪参戦 ~コーデ編~

去る4月20日、ビルボードライブ大阪での玉置さんのライブ、2日目に参戦してまいりました。

 
今回は、レポートはいたしません。
いや、正確に言うと、レポートできないのです。

あまりに凄すぎて、
記憶がところどころ飛んでいますから・・・
とてもレポートになどなりません


今日は、まずコーデ編。

そのあと、一応記憶に残っているところを、自身の記録として残したいと思います。
ただの妄想日記になりそうですが・・・ (〃ノωノ)



さて、この日のコーデ。

悩んだ末、藤の花を思わせる春らしいこの着物をチョイスしました。


ビルボ着用1


大好きな帯。

ビルボ着用2



帯の花にとまる蝶は、和や庵さんの帯留めです。
いつも期待を裏切らない素敵な帯留め・・・
ほぼ、ライブごとの購入となってます(*≧∪≦)

蝶帯留め



今回は、素敵な小物たちがコーデにスパイスを加えてくれました。

フォロワーさんが作って下さったコサージュは、バッグに付けて使用。

ビルボバッグ

画像ではわかりにくいですが、とても細かい細工が施され、素敵な仕上がりとなっています(´ω`人)
こんなの作れるなんて、ただただ尊敬です・・・


髪飾りとイヤーカフはこんな感じ。

ビルボヘア1

ビルボヘア2


春ですねえ・・・



そして、この子を連れて行きましたよ。

ビルボお花



待ってて~~!!
玉置さーん



ビルボ春コーデ

ビルボードライブ大阪での玉置さんのライブ。
ついに、あと数日となりました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


拠りどころを失い、情緒不安定な日々・・・
通勤途中に聴く玉置さんの歌声に
こんなところで泣く??みたいな場所で、うるうるしてしまうことも。
このような状態でビルボに行ったならば、いったいどうなってしまうのか??

そろそろ玉置モードに切り替えなければ!!


さて、今回のコーデ。
正直、なかなか決まりませんでした。
理由はただ一つ。
そろそろネタが尽きてきたのですよ。
お着物はいっぱいあるんですが、これと思うものは限られているので、
あーこれはあの時に着たなあ・・・とか思うと違うのが着たくなって

で、今回は実家で漁ってまいりました。
古臭い付け下げ小紋ですが、どうにかそれっぽくなくコーディネートしたつもり。


お花見の季節に相応しい春コーデです


ビルボ春コーデ1


衿と帯まわりは、同系色の溶け込み系です。

ビルボ春コーデ2




このコーデ、以前に着たものと少し似ているのが気になるのですが・・・
昨年のビルボクラシックスフェスの時のコーデです。

花束コーデ1


でもでも、テイストが違うんですよね・・・自分的には。
今回は、春のときめきやドキドキ感を表現したつもり。
前回のは、お花をふんだんに盛り込みましたが、どちらかといえば落ち着いた感じ。


タンスの中で放置されていたので、カビ臭がひどくて・・・(笑)
急ぎ丸洗いに出しました。

小物やバッグはこれから検討しまーす。



最後までどっちにするか悩んで、このたびは却下となったコーデ。

牡丹コーデ

こちらも捨てがたかったのですが、和っぽさがどうにもビルボのイメージでない気がして・・・。
これは、ディナーショーかクラシックスに取っておこうと思います。
残念ながら、次のクラシックスは6月のため、このお着物は着れないんですけどね。




ビルボ参戦の皆さま、会場でお会いしましょうヽ(≧∀≦)ノ









ビルボードクラシックスフェスティバル in 富山 レポート

3月19日、ビルボードクラシックスフェスティバル参戦のため、富山へ遠征しました。

ビルボ富山コーデ3


大切な人の退職を目前に、今回は特別な思いでの参戦となりました。


北陸組のフォロワーさんと合流し、お昼ご飯。
お店の入り口に、素敵なリースを見つけたので、撮影に使わせていただきました。

今回のコーデ。
春らしさに、凛としたきりり感を加えたつもりです。
清く正しく美しく・・・に因んでみました。


ビルボ富山コーデ1


帯まわり・・・

ビルボ富山コーデ2

髪は、悩んだ末、やはりアップにパールを選択。
パールの髪飾りは、イメージしたものが見つからず、即席で製作いたしました。

とビルボ富山ヘア

帰りの電車で撮影したので、髪が乱れてますね
見えませんが、イヤリングもパールです。
こちらは、ちょっとグレーっぽい色です。
冠婚葬祭用のあれですけど(笑)



会場に到着。

ビルボ富山会場

事前に、セトリが配布されました。
二部編成ですが、第一部が玉置さん、小野さん、ひゅーいさん。
第二部が、平原さん、フミヤさん。

この時点で、玉置さん、フミヤさんの曲目は、東京と同じであることがわかりました。
そして・・・
平原さんが、待望の「アリア」を歌うんだ~!!

かなりテンションが上がりました。



いよいよ開演。
「歓喜の歌」の後、いきなりメインディッシュな感じで玉置さん登場。

惑星を通り越した髪の長さ。
お顔は、またちょっと痩せたかな・・・って印象でした。

いずれにしても、カッコいい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
いや、当たり前か・・・失礼。


感情の昂りが激しく、ちょっとしたフレーズにも反応して涙腺が緩みました。

自分でも予測しなかった、「MR..LONELY」の最後のフレーズでの号泣・・・

何もないけど
君のために 野に咲く花のように
遠く離れていたって 笑って
元気でいるから

思いが重なってしまいました。

この日はまた、玉置さんの視線がこちらに向くことが多かったのですよ。
じっとこちらの方向を見つめ、語りかけるように歌われると、大切な人にそう言われているような気になってしまって・・・

続けて「メロディー」だったから、あの日のあのシーンを思い出して、曲の間中涙が止まりませんでした。



ラストは、「清く正しく美しく」。

勇気を与えられた気がしました。
まさにあの人の生き方。私もそうありたいと思う。
意思を受け継いで、一人でもやっていかなければ・・・
そんな決意をさせられたみたい。

合唱団の子供たち、上手だったなあ。
玉置さんの歌声と見事にコラボしてました。

昨年のビルボードライブに続いて、この曲を生で聴くのは2度目。
ビルボでは、DJバックのシンプルな音の中、玉置さんの魂の歌声が心臓に響くようでした。
今回は、オーケストラバックに壮大なパフォーマンス。
全く印象が違いますが、どちらも素晴らしいと思います。

東京オリンピックの開会式(閉会式?)を妄想させられました。
世界中の人たちの前でも、きっと絶賛されるだろうな・・・。
ピコ太郎の言ってた「玉置浩二」って、この人なのかー!!凄い!!
なんて反応を期待(笑)。


玉置さんの出番、一瞬のうちに終わってしまいましたが、
もう私は胸がいっぱいでした。



二部に入る前の休憩時間に、思いもかけないことが起こりました。
最前列センターの神席をゲットしたフォロワーさんが、フミヤさん目の前で見れるから・・・と、二部からお席を交換して下さったのです!!なんて親切な方なのでしょう・・・(´ω`人)

ありえないくらい真ん前。
こんなドセンターは、初めてかもしれないです。

まずはそのお席で、平原さんの貫禄のステージを拝見。
「アリア」凄かった・・・。
ご本人も、凄い体力を使う歌と言っておられましたが、言葉では言い表せない迫力で、目の前だったこともあり、熱気が伝わってくるようでした。圧巻です。

平原さんだけ、何故かMCがありました。
かわいらしい方なのですね。
「アリア」の曲紹介の時、アルバムの話になり、玉置さんに「マスカット」を作っていただいたというお話をされました。なんでそれ歌わないの?と言われそうだけど、あの曲はやっぱりアコ-スティックがいいと思い、「アリア」を選んだとのこと。その選曲は正解だったと思います。



そして、最後はフミヤさん。

ハンチングのような帽子を着用されていたので、お顔が見えにくいのが残念でしたが・・・
こんな目の前でフミヤさんを見たのは、あのバックステージ招待の時以来です
穴が開くほど見つめさせていただきました(´ω`人)

「True love」から始まりましたが、いつもの曲なのに、この日はここで既にじんわりときてしまいました。
ソロになって、グループ解散後もついてきてくれたファンの人たちに向けて作られたというこの曲。
それを思うと、また今の自分に重なって・・・。

続いての「Another orion」は、普段のライブでも必ず涙する曲です。
こちらは、また別の思い出があってのことなのですが。

運命ならばめぐり逢えるさ

という歌詞がダメなんです。
めぐり逢えた今でも、ここは泣ける・・・。


「トワイライト」では、ミュージカルを思わせるダンサブルなパフォーマンスのフミヤさん。
ファンの間では当たり前の軽やかな動き。
いや、普段のライブではもっとハードな動きもあるからね。
これが、玉置さんファンのフォロワーさんには意外にウケが良かった。
唯一、表情豊かに歌う姿を目の前で見て、とても幸せな気持ちになりました(*≧∪≦)


ラストの「夜明けのブレス」は、サビでマイクなしの熱唱。
前回観た時よりも、さらに声量が増し、表現力豊かになった印象でした。
目の前だったせいか、フミヤさんの手の動きと歌声が相まって胸にじーんと響きました。

お着物見てほしくて、必死に見つめていたけど、
曲が終わるたびに、ハンカチで目頭押さえるところを見られるのはどうにも恥ずかしくて・・・(〃ノωノ)


残念ながら、期待した出演者全員でのカーテンコールはなく、
フミヤさんが3回登場されました。



玉置さんは先に帰っちゃったようなのですが、
フミヤさんのお見送りをすることができました。
20数年のファンですが、これは初体験。

ガラスの扉の向こうにフミヤさんが現れたのを真っ先に見つけた私。
最も手前にいたので、出てきたらきっと素通りされるだろうと、じっとその姿を見つめていました。

それに気づいてか気づかないでか・・・
外に出てきたフミヤさん、出るなり最初にこちらを見て、手を振ってくれたんです。
バッチリ視線もゲット☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そのあと、左右を交互に見ては手を振って、笑顔を振りまいて、タクシーに乗り込まれました。
すごい神対応


こちらを見て手を振ってくれた時、

大丈夫、俺がいるやん・・・

と言われているような気がして・・・(=∀=) 
→アホなんで、ほっといて下さい



なんとも気持ちの忙しい一日でした。

でも、行ってよかった。


フミヤさんのあの笑顔は、一生の宝物になりそうです。



次は、来月のビルボードライブ大阪。
玉置さんです。










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR