AMOURツアー at 大阪フェスティバルホール 参戦レポート

ついにやってまいりました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

AMOURツアー at 大阪フェスティバルホールの日が・・・



1週間前から、一日中雨の予報だったこの日

でもでも・・・!!
深夜からの雨は昼前に止み、会場に向かう頃には傘は不要でした
安玉ファンたちの愛の力ですね


なんてったって、私にとっては奇跡の2列目2連チャンですから・・・(*≧∪≦)

しかも、テレビ収録もあり
雨なんてぶっ飛ばせ~~!!!ですよヽ(≧∀≦)ノ


先に言っておきます。
長くなります…多分



さて、この日のコーデ。
私なりの「AMOUR」を表現したものです。

詳細は、前回のブログをご覧下さい!


全体はこんな感じ。

アムールフェスコーデ①


富田林のコーデがインパクト強かったから、ちょっとオトナシイかなあ・・・と思いましたが、
結構気に入りました
バッグもバッチリでしたね(*≧∪≦)

この色合い・・・
偶然なのですが、このライブのあの曲の照明に似ています
和服のあの方に提供した曲・・・おわかりですよね?

富田林で観た時、ああっ!!!と思いましたよ。
少々悩んでたコーデでしたが、あの瞬間に「これだ!」と確信しました


帯まわりをズームアップ。

アムールフェスコーデ②

やはり、この帯留めがポイントになりましたね
和や庵さん、ありが玉置浩二!!です・・・ピコッ


イヤーカフとヘアアクセは、苦肉の策でこんなのになりました。

アムールフェスコーデヘアアクセ



そしてこの日、物凄いサプライズが待ち受けていました(((o(*゚▽゚*)o)))

会場入りした私。
後ろ扉から入って、前の方まで歩いていくの、なんか快感ですよね

わお
こんなに近いっ!!!

そう思いながら2列目に入っていったのですが・・・???

私の席に、誰か座ってる???


暫し茫然(°_°)


そしたら、そこに座ってた方から、
「前じゃないですか?」と言われて・・・

前を見たらば、ステージ前にカメラが並び、
なんと、2列目が最前列になっていたではありませんか・・・


えーーーっ???!!!


この時、既に開演10分前。
そ、そんな・・・心の準備ができないってばー

さっき、話しかけてくれた後ろの席のお客さんが、

「着物ガールの後ろで目引くよね~」

などと言ってるのが聞こえて・・・
(いやいや・・・ガールちゃうけどねー)

思わず、あの曲で立ちましょうって約束しちゃいましたヽ(≧∀≦)ノ

お隣にもノリの良さそうな方たちがいらして、あの曲のハナシをされてたので、
そこにもお声掛けして、一緒に立つ約束をしましたo(^▽^)o


これでバッチリ~~


いよいよ開演です。



この日のお客さん、とにかくノリが良かった。
玉置さんが登場すると、物凄い声援と拍手が沸き起こりました。

ステージがあまりに近くて、心臓バクバクの私・・・
自分の鼓動が聞こえるほどの状態で、今にも心臓が飛び出してしまいそうでした。

玉置さん・・・絶好調で、フェイクもいつもと違う凄いのがどんどん・・・
声の伸びはいいし、歌声聴いてるだけでテンションが加速的に上がっていく
収録だし、緊張してるかなあと思いきや、

どーだ!凄いだろー!!

・・・って感じヽ(≧∀≦)ノ

「Mr. Lonely」の♪ウォーオウォオ♫・・・は地声で凄い迫力だし、
思わず、おおーっ!!と声を上げそうになりましたよ。


そして、流石は最前列。
視線は何度も飛んできました

まずは、「花束」の1コーラス目。

ありがとう 返せるものは
何もないけれど~

のところでしっかりと!!

いえいえ・・・
返してなんかいただかなくても、そこにいて下さるだけで十分です~

←アホなんでほっといて下さい


その後もちらちらと視線を感じ、目が合っては満面の笑みを浮かべる私。
テレビに映ったら恥ずかしいよー


そうこうするうちに、やってきましたよ!!
「サザンウインド」 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
お約束通り、一斉に立ち上がりました。
今回は、早い段階でかなりのお客さんが立ち上がり・・・
物凄い盛り上がりの客席は、熱気ムンムンでした!!


左右に動きながら、あちこちにいたずらな表情で目配せする玉置さん。
私たちのところにも来て下さいましたヽ(≧∀≦)ノ
2列目の方たちが、ひゃーっって声出して下さったので、
玉置さん、目の前で暫く動かずに歌い続け・・・

熱~~いウインクいただきました


もーダメーーー


「遠泳」の引き込まれるようなファルセットにうっとり聴き入るうちに、
あっという間に一部が終わってしまいました。

結局、一部終わるまでドキドキバクバクは止まらず・・・。


二部では、最初の「泣きたいよ」でまたまた視線がピタリと留まり、

どれくらいおまえが好きだったか
わからないくらい・・・

・・・なんて

スミマセン(←頭の中こんなん・・・)


次の「ママとカントリービール」では、感情豊かに歌う玉置さんが憑依したかのように感情が高ぶって、
涙が止められなくなってしまったのですが、
そんな時にまた視線がこちらに向いて・・・

嗚咽をこらえるように、必死に玉置さんを見つめてしまいました。

やっぱりこの曲はダメです。
今は特に辛い・・・。


そして、二部でもノリノリのあの曲が!!

「じれったい」では、またまた玉置さん、私たちの前で立ち止まり、
思いっきり色気を振舞って下さいましたヽ(≧∀≦)ノ

カッコ良すぎる~~~


ここから、みんな立ったままでした。
「ひとりぼっちのエール」では、お決まりの大合唱。
目の前の玉置さんに聞こえるようにと、ハイトーンで頑張りましたよ!!
フェイクで合いの手入れて下さる玉置さんと、デュエットしているような錯覚に陥り・・・
幸せなひとときでした

この日は、収録があるからか、清く・・・のサービスフレーズはなく、
そのまま「メロディー」へ。

ところが、これがいつも以上に情感たっぷりで、じーんと胸にしみて・・・


そしたら、玉置さんの頬にきらりと光るものが・・・。

歌い終わり、深々と頭を下げた時に、そっと拭い、すするような動きが。
やっぱり泣いてる・・・

そう思うと、こちらも感極まり、思わずもらい泣き。


「田園」で盛り上がり、
歌い上げた後、鳴りやまない拍手の中で・・・

スバラシイ・・・スバラシイ・・・!!

玉置さんの唇がそう動くのを見ました。
会場が最高潮に盛り上がり、ご自身も今日のステージに満足されたということでしょうか。


ラストの「いつもどこかで」は、

いつも君たちを見守っているよ・・・

という玉置さんのメッセージのような気がして、胸が熱くなりました。


本当に神がかってたこの日の玉置さん。

これまでに観た中で一番の、素晴らしいステージでした。

その場に自分がいられたことを、心から嬉しく思いました。
この素晴らしい時間を玉置さんと共有できたことは、一生の思い出になりそうです。


そして、こんな神席を2公演連続で取って下さったCherryに感謝!!


あー長かったーー。
お付き合い、ありがとうございました。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR