スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「田園」について考える・・・

たまには、音楽について書きたい・・・
今回は、文字が多いです(笑)。
そして、長いです


玉置浩二さんの「田園」。
街で、玉置浩二の曲と言えば・・・?と聞いてみたらば、
きっとこの曲を挙げる方が多いんだろうなあ。
玉置さんの代表曲とも言えるヒットソングです。






玉置さんご自身にとっても、この曲はひとつの転機となったのではないかと思います。

でも、私にとってこの曲は、皮肉にも玉置さんから遠ざかるきっかけとなりました。


ワインレッドからの一連のシングル曲を、お茶の間レベルで聴いていた私・・・
当時、男性が女性を「あなた」と歌う歌詞の世界に、大人の魅力を覚えたものです。
陽水さんとのコラボでは、その優しい歌声に、また新たに魅了され、
私の中で、玉置浩二は「素敵な大人の男性」として認識されていました。


その後、色んなジャンルの音楽を知るようになり、フュージョンやジャズなどに関心が偏った時期があり、
安全地帯および玉置さんからは、次第に離れていった気がします。

勿論、その間にも、時々テレビで見かけては、やっぱり素敵・・・という思いは変わらず。


そして・・・長い時間を経て、久々に耳にしたのが「田園」でした。


私にとっては、全てが衝撃でした。

まず、曲調がこれまでにない感じ。
玉置さん、麦わら帽子被って、全然イメージ違う・・・

な、なんだこれは???


今思えば、なんて勿体ないことをしたのだろうと思うのですが、
私はそこから玉置さんを封印してしまったのです。

「田園」の歌詞をよく聴いてみるとか、少しでも踏み込んでいたなら、
きっとそうはならなかったのでしょうけど。


それ以来、「田園アレルギー」になってしまった私。

聴きたくなかった。
テレビで流れたら、思わずチャンネルを変える・・・というくらいに。

ひどい話です。


そんな私が、「やっぱ好きやねん」のカバーで再び玉置さんの歌声に出会いました。


これが玉置さん?

最初はそう思いました。
でも、聴いていくうちに、確かに玉置さんだと・・・。

凄い。
たかじんさんのあの個性の強い曲を、まるでオリジナル曲のようにご自身のものにしていることに驚くとともに、あの頃の思いが甦り、胸の高鳴りを抑えきれない自分がいました。


そこから、玉置さんの動画や音源を片っ端から漁る日々。

その時にも、やっぱり「田園」は敢えて避けていました。


でも、私のそんな「田園」のイメージを払拭した動画がありました。
それがこれ。





見終わった後、涙が止まりませんでした。
そして、初めて「田園」をちゃんと聴きました。 

こんな歌詞だったんだ。
こんな曲だったんだ。
(ニワカ聞きかじり情報から)この歌に、当時の玉置さんの深い思いが込められていたのか・・・?

そう思い、何度も聴き返し、改めてオリジナルを聴いてみました。

先の動画のアレンジでは、音数が少なく、少々スローテンポで、よりメッセージ性が高く仕上がっていたと思いますが、オリジナルはオリジナルで応援歌的な要素が強く、それが当時の若者に広く受け入れられたのだろうと感じました。

ご本人は、行進曲のようなイメージと言っておられましたね。

個人的には、AメロからBメロに移る部分に入るドラムが好き。
イントロや歌の途中のフェイクが絶妙で、サビの部分のコーラス(ユニゾン)もいい。

聴けば聴くほど、どんどんハマっていきます。

ライブでは、この曲で観客が手拍子とともに立ち上がり、盛り上がるのが定番のようです。
「愛はここにある・・・」の後を、その土地の地名やホール名を用いて「○○にある~」と歌い、客席から歓声と拍手が沸き起こる・・・というのもお約束のようになっています。今では、すっかり自分もその中に入り、率先して立ち上がり、はしゃいでおります・・・。





ライブでは、最後のシャウトも欠かせません。
2月のフェスティバルホールでは、このシャウトがさらに凄いことになっていて・・・
絶好調の玉置さんに、思わず「ブラボー!!」と叫びそうになりました。


こんなのも。





そんな「田園」ですが、昨年よりスタートしたオーケストラとの競演において、また新たに生まれ変わっています。
交響楽団の演奏でこれが歌われること自体おもしろいのですが、3月のビルボードクラシックスフェスティバルでは、これがベートーベンの田園とコラボした新バージョンに変身していたのです。動画や音源がないのが残念ですが、素晴らしいコラボレーションでした。これは世界に広めていただきたい!!と切に願います。



最近では、こんな変身も・・・。





何故、今この曲を取り上げたのかが不思議でしたが、耳について離れないところからすると、ゲーム製作者の琴線に触れたということなのでしょうか?いやあ・・・なんとまあ素敵なことなのでしょう!!

まだまだ色んな可能性を秘めた「田園」。
次はどんな変身を遂げるのか??

いやいや・・・
やっぱり、オリジナルに勝るものはないのかもしれません。


長かった。
つたない文章を最後まで読んでいただき、有難うございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全く一緒です。田園だけはスキップ❕

同じ思いをしていた人がいらして、、、感動致しました。

何なんでしょうね❕まったく一緒の気持ち❗

田園  玉置浩二さん 最高❗

Re: 全く一緒です。田園だけはスキップ❕

コメント、ありがとうございます。

いらっしゃるようですね、こういう思いの方。

思いを共有することができて嬉しいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。