Billboard classics festival 2016 その2

続きです。

いよいよ開演・・・。


トップバッターは八神純子さんでした。
久々にお目にかかったけど、実はこの人、私の弾き語りの原点みたいな存在。
中学生の頃、よく楽譜買って、弾いて歌ってました。
勿論、あんな美声は出ないんですけど・・・

東日本の震災を機に、15年のブランクを超えて歌を再開されたとか。
とてもそうとは思えない、澄んだ高音と伸びのある声。
昔と全く変わらない、素晴らしい歌声でした。

歌って、歌わないと下手になるものだと思っていたけど、
本物は違うんですね・・・。


そして・・・
今回最も衝撃を受けたのが、最近になって何年かぶりにTVで見かけたこの人。

小柳ゆきさんです。

元々、ハスキーボイスは好きなんです。
ブラックミュージック、女性ボーカルのが好きだし。

だから、全盛期の小柳さんは、とても気になるボーカリストでした。

代表曲であるあの曲、久しぶりに聴いたのですが・・・
気がつけば、両目から大量の涙が溢れていました。

全盛期に比べれば、ひょっとすると声の出が悪くなっているのかもしれませんが、
苦しげに歌う姿が、その歌詞とリンクして心に響き、
情感たっぷりに歌い上げる、新たな大人のラブソングとして完成しているように思えました。

思いがけない収穫でした。


後半には、中島美嘉さんが。

いつもと少しメイクのしかたが違う美嘉さん、
儚げで壊れてしまいそうなその歌声は、独特の世界観を作り上げていました。

「花束」も「雪の華」も、残念ながら玉置さんとのデュエットではなかったけれど、
素敵でした・・・

でも、次回はやはり玉置さんとのデュエットに期待


そしてそして、
待ちに待った玉置さんの登場。

誰もが知るヒット曲ばかりでしたが、
他の歌手の方たちの後に歌われると、その声量の凄さに改めて気付かされます。

やっぱり凄いんだ・・・この人!!

シャウトもマイクなしの熱唱も、
このまえ大阪で聴いたばっかりなんだけど、
いつもとはまた違った感動が味わえた気がします。

歌い終えた後の満面の笑顔も、この日は一段と柔和にかわいらしく見えましたよ。


帰宅後の着姿。

ガラコンコーデ2

12時間以上着ていた割には、着崩れてないよね。

でも、次はもうちょっと楽に着たい。
修行します・・・。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR