カーテンコール in 大阪フェスティバルホール

去る2月24日、大阪フェスティバルホールで行われた、
玉置さんのシンフォニックコンサート「カーテンコール」。

この日をどれだけ待ちわびたことか・・・。


ここから、一部セトリのネタバレあります。
知りたくない方は、ご自身参戦後にご覧下さいませ。



事前にセトリを見て、昨年の公演同様、ワインレッドとGOLDが入っていることを確認。
そして考えた「カーテンコールコーデ」はGOLDテイストのワインレッド

CCコーデ


なんとなく、羽織りものは洋風がいい気がして、こんな感じにしてみました。
大階段にて。

CC大階段

草木染めの道中着は「葡萄色」。
超古典のこの道中着が、不思議なことにモダンに見えます。

バッグは手作りの一点もの。
といっても、実家にあったデッドストックのため、タダなのであります( ^ω^ )

CCバッグ

クリスマス時期に山ほど作った、あのリースをつけましたよ!


ホールロビーには、例の「壁ドン」写真が。

s_TAMAKI_5SC1096-47-e1441008074328_convert_20151018184906.jpg

みんなここで記念撮影。
私も例に漏れず撮影いたしましたが、暗くてうまく撮れませんでした

そうそう・・・
玉置さんの胸についているブローチ、
よーく見てから、こちらを見たら・・・

CCイヤリング

なんか似てません?
残念ながら、本番はこれではありませんでしたが・・・


ロビーでの1枚。

CCロビー

赤いカーペットに馴染んでいます。



そして、コンサートは「凄すぎる」神憑り的なパフォーマンスに終始圧倒されました。

1年前の初生玉置さんもフェスのシンフォニックコンサートでしたが・・・
あの時は3階の左端で、スピーカーの真ん前。
音響面では、かなり残念なお席でした。

それに比べて、今回は1階席の8列目ド真ん中
近視の進んでいる私でも、メガネをかければ肉眼で表情が読み取れる距離。
音響も抜群の場所でした。
そういう条件も重なってのことではありますが、それにしても本当に素晴らしかった!!

そもそも、「ロマン」から始まり、続いて「GOLD」に移るという曲順が、私にはもうダメなのです・・・。
どちらも大好きな曲。
ただでさえうっとりなのに、こんな近くで歌われちゃうと、それだけでウルウル・・・。

でも、泣いたら視界がぼやけてしまう・・・
そう思い、湧き出る涙を吸い込むようにして見入ってました。


今回初めて生で聴いた「行かないで」。
サビのファルセットからの歌い上げが完璧で、
囁き、ファルセット、熱唱をこんなにもきれいに融合させて歌える歌手が他にいるだろうか??と思わせるほどでした。

せつない表情で歌う玉置さんに、
そんな顔しなくても、どこにも行かないよ・・・
って言いたくなったのは、私だけではなかったようです(*≧∪≦)

 
そして、今回圧巻だったのは「あなたに」。
もともと、若かりし頃の玉置さんが、ウィスパーボイスで歌っていた曲ですが、
今回はもの凄い声量での熱唱だったのですよ。

これはもう耐えられませんでした。
涙腺決壊です・・・


その他のどの曲も、ほんとにほんとに完成度高く、
こんなに素晴らしいパフォーマンスを目の前で観たのは、これが初めてかもしれません。

鳴り止まない拍手のたびに、登場する玉置さんは終始くちゃくちゃの笑顔でした。
きっと、ご本人も満足の出来だったのではないかと・・・。

マイクなしの「夏の終わりのハーモニー」は、近距離だったこともあり、胸に響きました。


帰りは、車の窓を開けて手を振って下さるサービスも!!


あー素敵だったー!!!

♪───O(≧∇≦)O────♪




ちなみに、ヘアアレンジはこんな感じでした。
あまり気に入ってない上に、画像は帰宅後にて乱れています・・・。

CCヘアアレンジ


翌日は、さらに凄かったとか。

あれより凄いってどんなの??

どこまで行くんだろ・・・この人??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぶりん

Author:のぶりん
着物と花が大好き。只今、和モダン生活満喫中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR