ビルボードライブ大阪参戦 ~雑記編~

ビルボードライブ大阪2日目。

ビルボ足元

コーデの詳細は、この一つ前の記事をご覧下さい。



前回予告したように、レポートはできません

ですから、自身の記録として憶えていることだけ記します(´ω`人)
ただの妄想録になるかもなので・・・
詳細かつ正確なレポートをお望みの方には、大変申し訳ございません(*ノェノ)


ビルボパネル

ファースト・セカンドとも、サービスエリアの良番が取れました。


願わくば、前から2列目センターのテーブルと、最前列右端のテーブルをゲットしたい!!
でも、こればかりは行ってみないとわかりません。


しかし・・・!!!
なんという奇跡!!!

ファーストは最前列右端、
セカンドは2列目センターに座ることができました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

この良席のお陰で、この日の私には、故郷楽団奈良公演以来の天使が舞い降り、
セカンドでは玉置さんと目が合うたびに、普段絶対に浮かべることのない最高の笑顔で見つめ返すことができたのでした


詳しいセットリストは書きませんが、
バラード中心の前回とは全く異なり、今回はノリノリの曲中心。
しかも、え??それ来る??みたいなレア曲が結構ありましたヽ(≧∀≦)ノ

Jazzyな「ファミリー」から始まるステージは、ビルボードっぽく大人の雰囲気たっぷり。

そして、次からノリのいい曲が続きます。

意外だったのが、「金持ちさんちの貧乏人」  ←これ、ビルボで歌う??(笑)
そして、「Check On Myself」  ←前日たまたま聴いたけど、これはないな・・・と思っていた(汗)

でも、この2曲のノリがライブにピッタリで、自分自身のボルテージが一気に上がった気がします。

そんなタイミングで来たのが、私にとっては今回の最大のみどころだったあの曲・・・!!
これを生で聴くことは一生ないと思っていたのに(大袈裟?)、
こんなに早く、しかもこんなに近くで聴けるなんて

「最高でしょ?」

いやあ・・・
こんなの、センターの席でじっと見つめるように歌われたら・・・
もうダメです・・・(〃ノωノ)

自分がどんな顔して見てたのか、想像するだけで引く・・・

川村ケンさんがブログに書いておられた、お客さんのうっとり顔ってのが、
なんかわかった気がしました。


昭和歌謡のようで少々苦手だった「愛してんじゃない」も、生で聴くと凄い迫力で、
情感たっぷりに「愛してんじゃない~~!!」と叫ぶように歌う玉置さんが、何だかとてもせつなくて・・・
心臓に響くような、印象的な一曲でした。

生で聴くと印象が変わる曲ってありますよね。


「瞳を閉じて」をしっとりと歌って、一旦ステージを後にする玉置さん・・・。
ファーストでは、ステージに続く階段の真横に座っていた私たち、出入りする玉置さんを間近で見ることができるのですが、入場の際のちょっとしたハプニングで、しっかりとガードが・・・
その時のノリによっては、ハイタッチや握手が期待できるかと少々わくわくしていたのですが・・・
この日は難しかったようです(´・_・`)

でも、この時、最前列のお客さんが、玉置さんに何か渡されたのです。
玉置さんがそれを受取るのを見た瞬間、今だ・・・!!と思いました。

うちから連れてきたこの子。

ビルボお花

何となくですが、AMOURの時の白いお衣装の玉置さんをイメージし、30周年のお祝いの気持ちを込めて、リボンとタッセルをつけてアレンジした造花のバラの花です。

フラワーデザインを始めてから、好きなアーティストにその人をイメージしたお花をプレゼントするのが夢でした。
今回は、アレンジといっても一輪なのですが、それでも自分が作ったお花を玉置さんに手渡しすることができるなら、そんな素敵なことはない・・・!!そう思い、ダメもとで持参しました(造花にしたのは、渡せなかった時に落ち込まないため・・・笑)。


今なら受け取って下さるかも・・・

そう思い、ステージを去る玉置さんに、思い切って差し出しました。

緊張していたので、ほぼ記憶がありません。
本来なら、通り過ぎる瞬間に「玉置さん!」と声をかけて、こちらを向いた玉置さんに花を差し出すはずでした。
でも、そんな余裕はなく、差し出すのが精一杯で・・・

なのに・・・
玉置さん、すっと受け取って、頭をぺこっと下げて去って行かれたんです。

こっちを見てくれなくて少し落ち込んだけど、去っていく背中を見ながら、ふと右手に目をやると、しっかりと握っていて下さったのが確認できて・・・

ぶら下がっているタッセルが動くの見て・・・ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このタッセル、私の帯飾りとお揃いなんです~(〃ノωノ)

ビルボ着用2


あーー!!どうしましょーー(/∀\*)




す、すみません・・・。



後半は、例のノリノリセクシーメドレー。
ファーストでは、左側後列の盛り上げ隊に、熱ーい視線を何度も送っておられました。
前列でズギューンされた方も・・・

私もされてみたい~~!!!

玉置さん、前であろうと後ろであろうと、盛り上げてくれるお客さんの方を必ず見られますよね。
だから、後列だって楽しめるのですヽ(≧∀≦)ノ

セカンドでは、もちろんこちらにも視線が来ましたよ!!
きっと私の眼は、になっていたのでしょうね


続く「太陽さん」。
故郷楽団で見せたパーカッションのパフォーマンス付きでした。
悲痛な表情で激しく敲く姿が、ファーストの時にはしっかりと見えました。
何を思って敲いているのか・・・
あの表情がたまらないです。

セカンドでは、ファーストで目に焼き付けたあの表情を思い出しながら聴き入るうちに、何故か涙がこぼれて・・・。

ラストの「田園」では、みんな立ち上がって盛り上がりました。
一緒に口ずさんでいたら、玉置さんと目が合って、嬉しそうに笑って下さった気がしました。

アンコールの「JUNK LAND」でも、続けてサビの部分を一緒に歌いました。

最高の気分・・・ヽ(≧∀≦)ノ♪


セカンドで期待したサプライズは特にありませんでしたが、
至近距離で聴いたアカペラの「メロディー」は、心にグッときました。

また思い出しちゃった・・・あの日のこと。


あっという間の時間でした。
でも、ほんとにほんとに行ってよかった。

素晴らしすぎる!!!



玉置さん、そして演奏して下さった皆さん・・・
素敵なステージをありがとうございました
スポンサーサイト

ビルボードライブ大阪参戦 ~コーデ編~

去る4月20日、ビルボードライブ大阪での玉置さんのライブ、2日目に参戦してまいりました。

 
今回は、レポートはいたしません。
いや、正確に言うと、レポートできないのです。

あまりに凄すぎて、
記憶がところどころ飛んでいますから・・・
とてもレポートになどなりません


今日は、まずコーデ編。

そのあと、一応記憶に残っているところを、自身の記録として残したいと思います。
ただの妄想日記になりそうですが・・・ (〃ノωノ)



さて、この日のコーデ。

悩んだ末、藤の花を思わせる春らしいこの着物をチョイスしました。


ビルボ着用1


大好きな帯。

ビルボ着用2



帯の花にとまる蝶は、和や庵さんの帯留めです。
いつも期待を裏切らない素敵な帯留め・・・
ほぼ、ライブごとの購入となってます(*≧∪≦)

蝶帯留め



今回は、素敵な小物たちがコーデにスパイスを加えてくれました。

フォロワーさんが作って下さったコサージュは、バッグに付けて使用。

ビルボバッグ

画像ではわかりにくいですが、とても細かい細工が施され、素敵な仕上がりとなっています(´ω`人)
こんなの作れるなんて、ただただ尊敬です・・・


髪飾りとイヤーカフはこんな感じ。

ビルボヘア1

ビルボヘア2


春ですねえ・・・



そして、この子を連れて行きましたよ。

ビルボお花



待ってて~~!!
玉置さーん



ビルボ春コーデ

ビルボードライブ大阪での玉置さんのライブ。
ついに、あと数日となりました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


拠りどころを失い、情緒不安定な日々・・・
通勤途中に聴く玉置さんの歌声に
こんなところで泣く??みたいな場所で、うるうるしてしまうことも。
このような状態でビルボに行ったならば、いったいどうなってしまうのか??

そろそろ玉置モードに切り替えなければ!!


さて、今回のコーデ。
正直、なかなか決まりませんでした。
理由はただ一つ。
そろそろネタが尽きてきたのですよ。
お着物はいっぱいあるんですが、これと思うものは限られているので、
あーこれはあの時に着たなあ・・・とか思うと違うのが着たくなって

で、今回は実家で漁ってまいりました。
古臭い付け下げ小紋ですが、どうにかそれっぽくなくコーディネートしたつもり。


お花見の季節に相応しい春コーデです


ビルボ春コーデ1


衿と帯まわりは、同系色の溶け込み系です。

ビルボ春コーデ2




このコーデ、以前に着たものと少し似ているのが気になるのですが・・・
昨年のビルボクラシックスフェスの時のコーデです。

花束コーデ1


でもでも、テイストが違うんですよね・・・自分的には。
今回は、春のときめきやドキドキ感を表現したつもり。
前回のは、お花をふんだんに盛り込みましたが、どちらかといえば落ち着いた感じ。


タンスの中で放置されていたので、カビ臭がひどくて・・・(笑)
急ぎ丸洗いに出しました。

小物やバッグはこれから検討しまーす。



最後までどっちにするか悩んで、このたびは却下となったコーデ。

牡丹コーデ

こちらも捨てがたかったのですが、和っぽさがどうにもビルボのイメージでない気がして・・・。
これは、ディナーショーかクラシックスに取っておこうと思います。
残念ながら、次のクラシックスは6月のため、このお着物は着れないんですけどね。




ビルボ参戦の皆さま、会場でお会いしましょうヽ(≧∀≦)ノ









検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR