AMOURツアー at 大阪フェスティバルホール 参戦レポート

ついにやってまいりました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

AMOURツアー at 大阪フェスティバルホールの日が・・・



1週間前から、一日中雨の予報だったこの日

でもでも・・・!!
深夜からの雨は昼前に止み、会場に向かう頃には傘は不要でした
安玉ファンたちの愛の力ですね


なんてったって、私にとっては奇跡の2列目2連チャンですから・・・(*≧∪≦)

しかも、テレビ収録もあり
雨なんてぶっ飛ばせ~~!!!ですよヽ(≧∀≦)ノ


先に言っておきます。
長くなります…多分



さて、この日のコーデ。
私なりの「AMOUR」を表現したものです。

詳細は、前回のブログをご覧下さい!


全体はこんな感じ。

アムールフェスコーデ①


富田林のコーデがインパクト強かったから、ちょっとオトナシイかなあ・・・と思いましたが、
結構気に入りました
バッグもバッチリでしたね(*≧∪≦)

この色合い・・・
偶然なのですが、このライブのあの曲の照明に似ています
和服のあの方に提供した曲・・・おわかりですよね?

富田林で観た時、ああっ!!!と思いましたよ。
少々悩んでたコーデでしたが、あの瞬間に「これだ!」と確信しました


帯まわりをズームアップ。

アムールフェスコーデ②

やはり、この帯留めがポイントになりましたね
和や庵さん、ありが玉置浩二!!です・・・ピコッ


イヤーカフとヘアアクセは、苦肉の策でこんなのになりました。

アムールフェスコーデヘアアクセ



そしてこの日、物凄いサプライズが待ち受けていました(((o(*゚▽゚*)o)))

会場入りした私。
後ろ扉から入って、前の方まで歩いていくの、なんか快感ですよね

わお
こんなに近いっ!!!

そう思いながら2列目に入っていったのですが・・・???

私の席に、誰か座ってる???


暫し茫然(°_°)


そしたら、そこに座ってた方から、
「前じゃないですか?」と言われて・・・

前を見たらば、ステージ前にカメラが並び、
なんと、2列目が最前列になっていたではありませんか・・・


えーーーっ???!!!


この時、既に開演10分前。
そ、そんな・・・心の準備ができないってばー

さっき、話しかけてくれた後ろの席のお客さんが、

「着物ガールの後ろで目引くよね~」

などと言ってるのが聞こえて・・・
(いやいや・・・ガールちゃうけどねー)

思わず、あの曲で立ちましょうって約束しちゃいましたヽ(≧∀≦)ノ

お隣にもノリの良さそうな方たちがいらして、あの曲のハナシをされてたので、
そこにもお声掛けして、一緒に立つ約束をしましたo(^▽^)o


これでバッチリ~~


いよいよ開演です。



この日のお客さん、とにかくノリが良かった。
玉置さんが登場すると、物凄い声援と拍手が沸き起こりました。

ステージがあまりに近くて、心臓バクバクの私・・・
自分の鼓動が聞こえるほどの状態で、今にも心臓が飛び出してしまいそうでした。

玉置さん・・・絶好調で、フェイクもいつもと違う凄いのがどんどん・・・
声の伸びはいいし、歌声聴いてるだけでテンションが加速的に上がっていく
収録だし、緊張してるかなあと思いきや、

どーだ!凄いだろー!!

・・・って感じヽ(≧∀≦)ノ

「Mr. Lonely」の♪ウォーオウォオ♫・・・は地声で凄い迫力だし、
思わず、おおーっ!!と声を上げそうになりましたよ。


そして、流石は最前列。
視線は何度も飛んできました

まずは、「花束」の1コーラス目。

ありがとう 返せるものは
何もないけれど~

のところでしっかりと!!

いえいえ・・・
返してなんかいただかなくても、そこにいて下さるだけで十分です~

←アホなんでほっといて下さい


その後もちらちらと視線を感じ、目が合っては満面の笑みを浮かべる私。
テレビに映ったら恥ずかしいよー


そうこうするうちに、やってきましたよ!!
「サザンウインド」 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
お約束通り、一斉に立ち上がりました。
今回は、早い段階でかなりのお客さんが立ち上がり・・・
物凄い盛り上がりの客席は、熱気ムンムンでした!!


左右に動きながら、あちこちにいたずらな表情で目配せする玉置さん。
私たちのところにも来て下さいましたヽ(≧∀≦)ノ
2列目の方たちが、ひゃーっって声出して下さったので、
玉置さん、目の前で暫く動かずに歌い続け・・・

熱~~いウインクいただきました


もーダメーーー


「遠泳」の引き込まれるようなファルセットにうっとり聴き入るうちに、
あっという間に一部が終わってしまいました。

結局、一部終わるまでドキドキバクバクは止まらず・・・。


二部では、最初の「泣きたいよ」でまたまた視線がピタリと留まり、

どれくらいおまえが好きだったか
わからないくらい・・・

・・・なんて

スミマセン(←頭の中こんなん・・・)


次の「ママとカントリービール」では、感情豊かに歌う玉置さんが憑依したかのように感情が高ぶって、
涙が止められなくなってしまったのですが、
そんな時にまた視線がこちらに向いて・・・

嗚咽をこらえるように、必死に玉置さんを見つめてしまいました。

やっぱりこの曲はダメです。
今は特に辛い・・・。


そして、二部でもノリノリのあの曲が!!

「じれったい」では、またまた玉置さん、私たちの前で立ち止まり、
思いっきり色気を振舞って下さいましたヽ(≧∀≦)ノ

カッコ良すぎる~~~


ここから、みんな立ったままでした。
「ひとりぼっちのエール」では、お決まりの大合唱。
目の前の玉置さんに聞こえるようにと、ハイトーンで頑張りましたよ!!
フェイクで合いの手入れて下さる玉置さんと、デュエットしているような錯覚に陥り・・・
幸せなひとときでした

この日は、収録があるからか、清く・・・のサービスフレーズはなく、
そのまま「メロディー」へ。

ところが、これがいつも以上に情感たっぷりで、じーんと胸にしみて・・・


そしたら、玉置さんの頬にきらりと光るものが・・・。

歌い終わり、深々と頭を下げた時に、そっと拭い、すするような動きが。
やっぱり泣いてる・・・

そう思うと、こちらも感極まり、思わずもらい泣き。


「田園」で盛り上がり、
歌い上げた後、鳴りやまない拍手の中で・・・

スバラシイ・・・スバラシイ・・・!!

玉置さんの唇がそう動くのを見ました。
会場が最高潮に盛り上がり、ご自身も今日のステージに満足されたということでしょうか。


ラストの「いつもどこかで」は、

いつも君たちを見守っているよ・・・

という玉置さんのメッセージのような気がして、胸が熱くなりました。


本当に神がかってたこの日の玉置さん。

これまでに観た中で一番の、素晴らしいステージでした。

その場に自分がいられたことを、心から嬉しく思いました。
この素晴らしい時間を玉置さんと共有できたことは、一生の思い出になりそうです。


そして、こんな神席を2公演連続で取って下さったCherryに感謝!!


あー長かったーー。
お付き合い、ありがとうございました。












スポンサーサイト

AMOURツアー参戦コーデ② ~フェス参戦用~

AMOURツアー at 大阪フェスティバルホール・・・
気が付けば、1週間後に迫りました!!


コーデは随分前から考えていたのですが、
帯留めがどうにも気に入らず、インパクトのある素敵なものを探しておりました。

そして・・・
見つけました

和や庵さんの帯留め。
他にも素敵なのいっぱい(*≧∪≦)

これでしっくりきました


アムールフェスコーデ1


帯まわりをズームアップすると・・・

アムールフェスコーデ2


ツアータイトルのAMOURから連想した色は、赤・紫・黒でした。
それらの色から構成されたこの着物と帯の組み合わせが、最初に浮かびました。


そこへ、たまたま懸賞で当たったカーテンタッセルが届き・・・

これ、アムールな感じよね・・・

なんて思って、早速採用。


もう一つ、AMOURから連想したのが薔薇
赤い薔薇のイメージだったのですが、ツアーグッズのタオルにも赤地に黒い薔薇が!!

何だか、玉置さんと思いが合致した気がして・・・
帯留めは薔薇と決めていました

しかも、大きめのインパクトのあるもの!!

まさに、そのイメージにピッタリですよね。


バッグはこれです。
お気に入りの一品!

アムールフェスバッグ


ヘアアクセとイヤリングは未定
何か考えます~(o‘∀‘o)*:◦♪


奇跡の連続2列目センターブロック☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
しかも、今回はテレビ収録あり!!

気合い入れすぎると失敗しそうなので・・・
あまり意識せずに行ってきます


当日参戦の皆さま、よろしくお願いいたします。
最前列、2列目の方がおられましたら、一緒に盛り上げましょうねヽ(≧∀≦)ノ


AMOURツアー in 富田林 参戦レポート

去る10月22日、富田林市のすばるホールにて行われたAMOURツアーライブに参戦しました

気が付けば、もう10日以上経ってる・・・

今さらな感じもしますが、レポートさせていただきます。
よろしければ、お付き合い下さいませ♪(/・ω・)/ ♪

*少々ネタバレあり



さて、この日は私にとって特別な日でありました。
・・・というのも、この日の座席は2列目センター

以前から温めていた「サーチライト・コーデ」デビューの日でもあり、
ドキドキの一日でした


まずは、前回のブログで披露したサーチライト・コーデ。
着用したらこんな感じになりました。

アムール富田林1

アンティークショップで、裏地がほつれているというだけの理由で、確か1000円くらいで購入したお着物。
古いものなのに、何だかロックな感じでモダンだし、とても気に入っています。

少しズームアップ。

アムール富田林2

さらに、バッグもズームアップ。

アムール富田林バッグ

サーチライトのPVを何度も観ている方にはわかると思いますが・・・
玉置さんのターバンと着物の柄がリンクしており、
首まわりに巻かれたストールのレオパード柄とバンダナ柄が、衿・帯揚げとバッグに付いたコサージュに。
PVに登場する白いギターをコサージュに付け、
AMOURに因んで、ハートの根付を帯飾りにしてみました!!

衿と帯揚げは、布地を切っただけのもの。
コサージュは、即席で作りました。


かなりインパクトの強いコーデのため、髪はシンプルに。

アムール富田林4

今回のコーデ、我ながら結構よくできたと自負しております(*^_^*)


この日は、会場入りされる玉置さんを初めてお迎えしました。
思いの外近い距離だったので、緊張のあまり声も出なかった私・・・。
一緒にいた方が声を発して下さったので、玉置さん、笑顔で何度も頭を下げて下さいました


いよいよ開演。
座席に着いてビックリしたのは、座席表では中央より少し左寄りの私の席が、何故かマイクの真ん前!!
私の前はお子さんで、座ると背もたれに頭が納まるくらいの身長だったので、
私の視界には、障害物なしに玉置さんの姿がきれいに見えちゃうのでした

もう、贅沢すぎる時間でした・・・。
定位置で歌われる時には、常に視線を感じるので、
瞬きするのも惜しくて、お目目ぱっちりガン見状態(笑)。



1曲目は、申し合わせたように「サーチライト」です。
この時点でウルウルして視界がぼやけ・・・
これではせっかくのお席が台無し!!と、必死に涙をこらえる私でした。

セトリは書きませんが、このところの定番のままです。

「サザンウインド」で盛り上げるべく、立ち上がる準備をしていましたが、
最前列、2列目のセンターブロックは、全く動きなし
どこかの会場では、係員に座らせられたという報告もありましたし、
流石にこの席で一人立つことは憚られました。
でも、座ったままではありますが、ノリノリで手拍子して・・・
ほかのお客さんも、立ってはいないものの結構盛り上がっていたので、ご本人もそれを感じてか嬉しそうにされていました。

後ろで立って盛り上げてくれた方に、ありがとうのサインを送られたり、
サービスも満点の玉置さん(*´∀`人 ♪

一部最後の「遠泳」は、ライブで聴けるなんて思ってもみなかった曲ですが・・・
歌詞の描く世界に引き込まれ、心を持って行かれたまま一部が終了しました。

しばし放心状態。


二部のオープニングは提供曲が続きます。
竹中さんに提供された「ママとカントリービール」は、玉置浩二ショーで一度披露されましたが、
生で聴くとやられますね・・・。
実体験が重なったりすると、多分もうダメだと思います。
私も、次回は自信がない。

そして、二部にも盛り上がるあの曲が!!
「じれったい」です。

この時には、何となく皆さん準備しているような雰囲気が感じられ、
斜め前の方と同時に、思い切って立ち上がりました。

玉置さんもノリノリで、あちこちへ動いては、盛り上がっている一団を見つけて笑顔や視線を送ったり、
手を振ったり、頭下げたり、ウィンクしたり・・・

残念ながら周囲(知らないヒトたち)がおとなしかった私の周辺には、何も飛んできませんでした

でも楽しかった~ヽ(≧∀≦)ノ


続いての「ひとりぼっちのエール」では、憧れていた大合唱も実現し・・・
この時ばかりは、バックのカキくんと六ちゃんに目が行って、
思わず、安全地帯復活の場面が妄想されるのでした。


ステージに一人立って歌われた、ラストソングの「いつもどこかで」
マイクを通らない地声もよく聴こえて、
じーんと胸に響きました。

毎日色々辛いこともあるだろうけど、
いつも見守っているから大丈夫だよ・・・

と言われているようで、

これまであまり意識しなかった曲でしたが、とても好きになりました。


今さら言うまでもありませんが、
やっぱり玉置さん素敵・・・

癒されました。

ありがとう


 

そして、なんとなんと!!!
今月の大阪フェスティバルホールも2列目センターブロック

この日は、収録の日でもあります。

えらいこっちゃ


コーデはもう考えました(*≧∪≦)
またアップします。






プロフィール

のぶりん

Author:のぶりん
着物と花が大好き。只今、和モダン生活満喫中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR