創作照明

我が家の1階の照明。

040_convert_20141004233929.jpg

矢羽模様に惹かれ、オークションで購入したアンティークの建具を利用しています。

お着物でも矢羽の柄は好きで、出会った時には運命を感じ(大袈裟ですが)・・・
家のどこかに使いたいと考えていました。

普通は建具として使うのでしょうが、このサイズに合わせて窓をつくるのも難しく、以前古民家カフェで見た照明を真似てこんなふうに。テグスで吊ってるだけなんですけどね。でも、3つ連ねると何だかそれなりの迫力が出ました!

この部屋の奥に、前回ご紹介したお着物スペースがあります。
連続した写真がないんですよね・・・。
建具が付いてない写真は、リンク内「雑想・建築考」にアップされてます。
スポンサーサイト

お着物スペース

自分の家を、自分の思うように造りたい・・・
それが、長年の夢でした。

姿、機能、立地など、あらゆる面で思いの満たせるものを造るために、長い時間を要しました。
そして、ついにこの夏、夢が実現しました。

和モダンな家。
私的にはそんなイメージです。
木をふんだんに使い、それでいて純和風でもなく、ログハウスでもなく、現代的な感じの家。

我が家ができるまでの過程は、リンクを張ってます「雑想・建築考」をご覧下さい。
外観など、写真もアップされています。

さて、その家に設けた「お着物スペース」。
これも実現したかったものの一つでした。

041_convert_20141005130305.jpg

写真右の壁には、着物を収納できる箪笥を造り付けました。
桐のパネルを使用しています。

045_convert_20141005130927.jpg

奥の壁には、勝手口を隠す扉がありますが、扉を開けると姿見が登場!
これで全身を映しながら、着付けをするのです。

043_convert_20141005130819.jpg

部屋の明かりは、私の好みで電球色(黄色い暖かい色)にしたいと考えていましたが、着物の色をそのままに見るには、電球色は好ましくなく、随分悩みました。そしたら、スイッチで色を切り換えることができる商品があるとのこと!もちろん、それを採用しました。写真の色も、ちょっと違うのがわかりますでしょうか?着付けの時は、昼白色(白い色)にしています。

これから、この姿見を使って着姿を写し、アップしていきたいと思っています。
撮影技術を磨かなければ・・・。

wrh単衣コーデ

お気に入りコーデの一つです。
詳細はまた今度。

あー慣れない・・・

プロフィール

のぶりん

Author:のぶりん
着物と花が大好き。只今、和モダン生活満喫中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR