ショコラ

安全地帯の「ショコラ」

大好きな曲の一つです。
この時期にはちょっと季節はずれな、冬のイメージの曲ですね。


PVの印象からか、私の中ではほんわかあったかい・・・という感じが強かったこの曲。

以前は某動画サイトにPVが上がっていたのだけど、最近なくなりましたね。
なので、自撮りの画像しかないのですが・・・
きれいじゃなくてすみません

ショコラ2

こんなかわいい少女が登場するんですよね。
この子が曲の印象を変えてしまうのでしょう。

でもね、とってもせつない歌詞だということに、ある時気づいたんです。

それ以来、歌詞の世界にハマってしまい・・・


先日、ある方のブログに「ショコラ」のことが書かれているのを見て、
自分も書いてみたくなりました。

実は、既にある程度準備していたのですが、
あちらのブログにも、同じような画像が使われていました。
パクリみたいですみません・・・



息が溶けて朝露となる
思い通りにならないふたりの熱い夜が明け、迎えた寒い朝・・・
目覚めたボクの目に最初に映ったのは、天窓に切り取られた藍色の小さな空だった。

キミはもうすぐ行ってしまう。
こうしてたい まだあと少しだけ
かえさない まだ今だけはボクのもの・・・

今だけしか一緒にいられない二人の甘い時間。
感じたい、抱いてたい、
許されないけれど、愛し合う二人の甘い痛み。

夢が溶けた(甘い)熱めのショコラ
唇をとがらせて
ゆっくりと さめるのを待つ
これを飲み干せば、キミは行ってしまう・・・

ふたりまたひとつになって
かえさない まだ今だけはボクのもの

こうして甘い痛みを感じ合う日々
一緒にいられる時間だけは、キミはボクのもの

いや、もうこのままずっとかえさない
キミはもう永遠にボクのもの・・・

そんな幻想を抱いても
現実は無常に過ぎていく。

キミは今日も行ってしまった。
キミのカップの底に残ったショコラを
ひといきに飲み干した。
ほろ苦く、冷たい・・・
今のボクの心のように。

ショコラ3


こんな感じでしょうか・・・?

せつないですね。
玉置さんも、こんな顔して歌っています。

ショコラ1


こんなふうに、時々安全地帯や玉置さんの曲の歌詞の世界に入り込んでは、
感情移入してどうしようもなくなる私です。

武道館では、是非とも「ショコラ」を!!




スポンサーサイト

THE GRAND RENAISSANCE  あの頃へ・・・

 去る6月10日、待望の兵庫県立芸術文化センターでのコンサートに参戦しました。

 個人的に大好きなこのホール。
 縦格子とコンクリート打ちっぱなしのデザインが、何とも私好みなのです。

コベルコ2


コベルコ1 (2)


約1年前、ここで行われるはずだった玉置さんのシンフォニックコンサート。
3列目の良席をゲットしたのですが・・・
玉置さんのご入院により公演中止となってしまいました。

それだけに、今回の開催は本当に待ち遠しかった・・・。

お席は随分後ろの方でしたから、近くでお目にかかりたくて、
会場入りを目指して行っちゃいました  ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



この日のコーデ。

あの頃へコーデ2

あの頃へ・・・という郷愁を意識し、少し古めかしい感じのコーデにしてみました。


たまには横からのショットも。

あの頃へコーデ1


地味ですが、しっとりと落ち着いた大人のコーデに仕上がりました。

会場入りの玉置さんには、ちょっと距離がありましたが、
見てもらえたかなー??


さて、この日のセトリは東京のものと同じでした。

東京公演の際には、若くして突然天に召された仲間を思い、
玉置さんの歌声を「鎮魂歌」と捉えて涙する方も多かったようです。

セトリがほんとに凄かったですからね。

フォロワーさんのブログを読んで、それだけで胸が熱くなる思いでした。




私は私で、この日はまた違った思いで臨みました。


歌って不思議に聴き手の思いに寄り添いますよね。
同じ歌を聴いても、きっと聴き手それぞれの感じ方は異なるのだと思います。
でも、歌はそれぞれの思いに寄り添い、聴き手はそれに呼応して涙したり熱くなったりする・・・。

私はこの日、これまでになく激しく心を揺さぶられ、
玉置さんの歌声に、終始泣きっぱなしの状態でした。

また進化している・・・

聴く側の要因もあるのでしょうけど、
さらに表現力を増し、心の奥にまで沁み込むような、優しくて、それでいて強く激しい歌声でした。


とにかく凄かった。


今回、これまでシンフォニックではメドレーの中に入っていた「メロディー」を、アンコールの時にフルコーラス歌って下さるのが嬉しかった。

田園からの流れで、お客さんはみんな立ったまま。
なんか、会場が全体的に熱くなっていたように感じました。


しかも・・・
玉置さんは途中からマイクを外し、そのまま最後まで・・・。

何度も何度も聴いた曲だけど、毎回そのテイストは違っていて、
前回は送別会後で大泣きだった私ですが、この日はじんわりとあたたかい気持ちに包まれました。




行きも帰りも、遠くから優しい笑顔で手を振って下さった玉置さんと、
この日もやっぱり期待をはるかに超えた、素晴らしいその歌声に感謝です。




別れから生まれた新たな出逢い
揺るぎない絆は
苦難に立ち向かう力と
信じる勇気を与えてくれる

いつも何かに包まれている
あたたかな幸福を感じながら
笑って生きていこう
ひとりじゃないから

結ばれた糸は時空を超え
星になる日が来ても永遠に・・・

ありがとう
出逢えてよかった





THE GRAND RENAISSANCE コーデ あの頃へ・・・

ビルボの余韻から醒めないまま、玉置神社へ出かけ・・・
あっという間に、西宮のシンフォニックまであと1ヶ月程となりました♪

単衣の着物はあまりレパートリーがなくて、
どうしようかと悩んでいましたが・・・

昨日、実家で物色してきた半衿で、何となくインスピレーションが(((o(*゚▽゚*)o)))

父の遺品となった、アンティークの刺繍衿コレクション。
思ったよりたくさん残っていたので、きれいなものを持ち帰りました。

単衣や夏物に使えるもの・・・

刺繍衿コレクション

素晴らしい


あの頃へ・・・なイメージの着物に合わせるなら、これだな!!

古典的だけど、古っぽくないコーデにしたつもり。
普段あまり着ない、グリーン系で纏めてみました。

あの頃へコーデ1

あのこーろへーー♫

ずっと使っていなかった帯。
多分祖母の?
墨絵で竹が描かれています。

あの頃へコーデ2

帯留めは母のもの。
薩摩焼みたいです。
グリーンの濃い色に、紺の模様が素敵です。

衿はこれをチョイスしました。

あの頃へコーデ3

蝶の刺繍。
かわいらしいイメージですが、この着物に合わせるとしっとりします。


うん。
なかなか気に入ったぞ。

あとは、バッグと髪・・・。
たまには、夜会巻きじゃないのもいいかな。
でも、ストレートだから難しいんだよねー。

1ヶ月悩みます。



玉置神社へ・・・

ゴールデンウィークの小旅行。

昨年は行けなかったから、久々のお泊りとなりました。

今回の行き先は、奈良・和歌山・三重方面・・・
メインの目的は、玉置神社を訪れることでしたo(^▽^)o


奈良にはしょっちゅう出かけるので、神社は結構色々調べていました。
玉置神社の存在は知っていて、もちろんその名前に反応していたのですが・・・
あまりに遠くて、なかなか行けそうにないのでスルーしていました。

ところが、故郷楽団ツアーの時に、玉置さんがご自身のルーツが十津川にあることを告白され、
まさかのまさか・・・!!
あの玉置神社がその原点だと知ってからは、これはどうにかして行かなくては!!と、旦那に同行を懇願していたのでした。

だって、私運転できないんだもん・・・。

なかなか首を縦に振らなかった旦那が、今回珍しく自分から、
「玉置神社・・・行く?」
なんて言うもんだから、二つ返事でOKしましたとも~~ヽ(≧∀≦)ノ


出発は5月3日。
行きたそうに見つめるので、この子も連れて行きました。

車中チェリー


十津川村のホームページによりますと、
昔、十津川で水害があり、村民が北海道へ移住したことがあるのだとか。
その際、移住した人たちで作った村落が新十津川町なんだって。
北海道に十津川の名がつく町があるなんて、知りませんでした。旭川の近くですね。
なんか嬉しい。


ここからは、写真の連打です。
スマホで撮っているので、あまり画像は良くないですが・・・
雰囲気だけでも味わっていただければと思います。

十津川の辺りの風景、元々好きなんですよね。
とても癒されます。

まずは、玉置神社。

駐車場からの景色は、曇っていることもあって、雲海のようです。

玉置神社駐車場1


そして鳥居が姿を現します。

玉置神社入り口

正規のルートは、この鳥居をくぐって参道を歩きます。
そこからが、ちょっとした山登りの始まり・・・。

私たちは、入り口でおじさんに聞いた逆ルートで参りました。
そっちの方が楽だと聞いたので。
でも、多分正規ルートで行った方が、感動が大きいんだと思います。
これから行かれる方は、体力に自信あるなら、是非とも正規ルートで!


さてさて・・
神社内には、あらゆるところに「玉置」の文字が見られ、テンションが上がります(*≧∪≦)

玉置神社のぼり


大きな杉がいくつもあり・・・

玉置神社杉


本殿は、厳かな佇まい。
決して華美ではありませんが、この寂びれた感じが私好みです。

玉置神社本殿


私たちは反対からでしたが、本来はこの本殿を拝んだ後に、玉置山山頂へと続く道が待っています。

山頂です\(^o^)/

玉置神社山頂

ここで、玉置さんがギター弾いて歌う姿を妄想。
玉置さんのフェイクやシャウトがこだまする~♫
聴いてみたい~~(´ω`人)

お守りを購入し、ご利益いっぱいありそうな予感・・・
チェリーも満足げです。

玉置神社入り口チェリー


帰りは、駐車場の山桜と山々の風景とのコラボが素敵に見えました。

玉置神社駐車場2


この日は、観光はこれで終わり。
旦那の付き合いで製材所へ寄り、そのまま宿へ。



翌朝、宿の近くの森へ散策に行きました。

大丹倉の森

何でもない風景ですが、何だか気に入りました。
苔がいっぱいで、その鮮やかな緑色が美しく、空気が澄んでいます。
いつもは、旅先では水が変わるからかお肌の調子が悪くなるのですが・・・
十津川の水が肌にあったのか、この日は朝からお肌が白くてツルツルでした。
これも玉置さん効果??


2日目に訪れた場所。

瀞峡。
人が多かったので、瀞ホテルのカフェと川下りは、またの機会にしました。

瀞峡


丸山千枚田。
棚田好きの私にはたまらない場所ですが、田植え前なのがちょっと残念。

丸山千枚田



その他、車中から見える山と川に囲まれる景色は、日頃の疲れた心身を見事に癒してくれました。



カフェでご満悦のチェリー。

キリダスチェリー

また行こうねー(^-^)/














ビルボードライブ大阪参戦 ~雑記編~

ビルボードライブ大阪2日目。

ビルボ足元

コーデの詳細は、この一つ前の記事をご覧下さい。



前回予告したように、レポートはできません

ですから、自身の記録として憶えていることだけ記します(´ω`人)
ただの妄想録になるかもなので・・・
詳細かつ正確なレポートをお望みの方には、大変申し訳ございません(*ノェノ)


ビルボパネル

ファースト・セカンドとも、サービスエリアの良番が取れました。


願わくば、前から2列目センターのテーブルと、最前列右端のテーブルをゲットしたい!!
でも、こればかりは行ってみないとわかりません。


しかし・・・!!!
なんという奇跡!!!

ファーストは最前列右端、
セカンドは2列目センターに座ることができました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

この良席のお陰で、この日の私には、故郷楽団奈良公演以来の天使が舞い降り、
セカンドでは玉置さんと目が合うたびに、普段絶対に浮かべることのない最高の笑顔で見つめ返すことができたのでした


詳しいセットリストは書きませんが、
バラード中心の前回とは全く異なり、今回はノリノリの曲中心。
しかも、え??それ来る??みたいなレア曲が結構ありましたヽ(≧∀≦)ノ

Jazzyな「ファミリー」から始まるステージは、ビルボードっぽく大人の雰囲気たっぷり。

そして、次からノリのいい曲が続きます。

意外だったのが、「金持ちさんちの貧乏人」  ←これ、ビルボで歌う??(笑)
そして、「Check On Myself」  ←前日たまたま聴いたけど、これはないな・・・と思っていた(汗)

でも、この2曲のノリがライブにピッタリで、自分自身のボルテージが一気に上がった気がします。

そんなタイミングで来たのが、私にとっては今回の最大のみどころだったあの曲・・・!!
これを生で聴くことは一生ないと思っていたのに(大袈裟?)、
こんなに早く、しかもこんなに近くで聴けるなんて

「最高でしょ?」

いやあ・・・
こんなの、センターの席でじっと見つめるように歌われたら・・・
もうダメです・・・(〃ノωノ)

自分がどんな顔して見てたのか、想像するだけで引く・・・

川村ケンさんがブログに書いておられた、お客さんのうっとり顔ってのが、
なんかわかった気がしました。


昭和歌謡のようで少々苦手だった「愛してんじゃない」も、生で聴くと凄い迫力で、
情感たっぷりに「愛してんじゃない~~!!」と叫ぶように歌う玉置さんが、何だかとてもせつなくて・・・
心臓に響くような、印象的な一曲でした。

生で聴くと印象が変わる曲ってありますよね。


「瞳を閉じて」をしっとりと歌って、一旦ステージを後にする玉置さん・・・。
ファーストでは、ステージに続く階段の真横に座っていた私たち、出入りする玉置さんを間近で見ることができるのですが、入場の際のちょっとしたハプニングで、しっかりとガードが・・・
その時のノリによっては、ハイタッチや握手が期待できるかと少々わくわくしていたのですが・・・
この日は難しかったようです(´・_・`)

でも、この時、最前列のお客さんが、玉置さんに何か渡されたのです。
玉置さんがそれを受取るのを見た瞬間、今だ・・・!!と思いました。

うちから連れてきたこの子。

ビルボお花

何となくですが、AMOURの時の白いお衣装の玉置さんをイメージし、30周年のお祝いの気持ちを込めて、リボンとタッセルをつけてアレンジした造花のバラの花です。

フラワーデザインを始めてから、好きなアーティストにその人をイメージしたお花をプレゼントするのが夢でした。
今回は、アレンジといっても一輪なのですが、それでも自分が作ったお花を玉置さんに手渡しすることができるなら、そんな素敵なことはない・・・!!そう思い、ダメもとで持参しました(造花にしたのは、渡せなかった時に落ち込まないため・・・笑)。


今なら受け取って下さるかも・・・

そう思い、ステージを去る玉置さんに、思い切って差し出しました。

緊張していたので、ほぼ記憶がありません。
本来なら、通り過ぎる瞬間に「玉置さん!」と声をかけて、こちらを向いた玉置さんに花を差し出すはずでした。
でも、そんな余裕はなく、差し出すのが精一杯で・・・

なのに・・・
玉置さん、すっと受け取って、頭をぺこっと下げて去って行かれたんです。

こっちを見てくれなくて少し落ち込んだけど、去っていく背中を見ながら、ふと右手に目をやると、しっかりと握っていて下さったのが確認できて・・・

ぶら下がっているタッセルが動くの見て・・・ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このタッセル、私の帯飾りとお揃いなんです~(〃ノωノ)

ビルボ着用2


あーー!!どうしましょーー(/∀\*)




す、すみません・・・。



後半は、例のノリノリセクシーメドレー。
ファーストでは、左側後列の盛り上げ隊に、熱ーい視線を何度も送っておられました。
前列でズギューンされた方も・・・

私もされてみたい~~!!!

玉置さん、前であろうと後ろであろうと、盛り上げてくれるお客さんの方を必ず見られますよね。
だから、後列だって楽しめるのですヽ(≧∀≦)ノ

セカンドでは、もちろんこちらにも視線が来ましたよ!!
きっと私の眼は、になっていたのでしょうね


続く「太陽さん」。
故郷楽団で見せたパーカッションのパフォーマンス付きでした。
悲痛な表情で激しく敲く姿が、ファーストの時にはしっかりと見えました。
何を思って敲いているのか・・・
あの表情がたまらないです。

セカンドでは、ファーストで目に焼き付けたあの表情を思い出しながら聴き入るうちに、何故か涙がこぼれて・・・。

ラストの「田園」では、みんな立ち上がって盛り上がりました。
一緒に口ずさんでいたら、玉置さんと目が合って、嬉しそうに笑って下さった気がしました。

アンコールの「JUNK LAND」でも、続けてサビの部分を一緒に歌いました。

最高の気分・・・ヽ(≧∀≦)ノ♪


セカンドで期待したサプライズは特にありませんでしたが、
至近距離で聴いたアカペラの「メロディー」は、心にグッときました。

また思い出しちゃった・・・あの日のこと。


あっという間の時間でした。
でも、ほんとにほんとに行ってよかった。

素晴らしすぎる!!!



玉置さん、そして演奏して下さった皆さん・・・
素敵なステージをありがとうございました
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR